たんほほ茶は、女性の味方です

3046441694_5116c18fd1_z

自宅の近所に、お酒だけを取り扱っている大型のディスカウントショップあるのですが、そこは、健康食品にも力を入れいるようで、いつも何かしらの健康茶が置いてありました。

セルフスタイルで試飲できるため、そこを通る時は、毎回、喉を潤せて頂いていました。

そんな時、ちょうど去年の今ごろ、たんぽぽ茶に出会ったのです。

苦いお茶を想像しながら口にしてビックリ、思わず二度見してしまうくらい、ブラックコーヒーとそっくりの味で、コーヒー好きの私には、とても美味しく感じられました。

添えてあったチラシによると、女性に優しい効能が、たくさんあるようで、その中に、私が悩んでいた、冷え性改善と便秘解消という文字を見つけ、早速、購入してみました。

ノンカフェインということなので、寝る前にコーヒーの替わりに飲むようにしたところ、寝つきもよく、翌日のお通じはスムーズそのもの。試して良かったと思っています。

それ以来、定番の飲み物としてストックしてあるのですが、最初と違うメーカーの、たんぽぽ茶も買ってはみたところ、味が薄く、コーヒーとは程遠いものでした。

メーカーによっては、味が随分異なる、ということも分かったので、自分の好みにピッタリのものを、これからもっと探してみたいと思っています。

人気のたんぽぽ茶が見つけやすいサイトがありました→おすすめのたんぽぽ茶

こういったサイトで各社のたんぽぽ茶を比較してから購入するのが上策ではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

フルーツは効く、便秘に

最近、母が入院してから少し父にイライラしておりました。
家事に文句をつけるのですもの。
そのせいか、いつの間にか便秘になっていたのです・・・。

けれども1日の食事を、ほぼフルーツにするとスゴいですよ!
1日に3回くらい出るようになります。
皆さんも試してみる価値があると思いますよ。
フルーツが好きな人でなければダメかもしれませんがね。
けれども1回の食事で色んなフルーツを食べるのは、あまりオススメしません。
酵素が違うとかで、消化不良を起こすと聞いたことがあります。

フルーツではありませんが、生のキャベツも効きますね!
これだとガスも出るようになりますが。
プルーンも良いです。
いくつか食べると出ます。

こうしてみると便秘に良い食べ物は色々あるのですねー。

ダイエットをしている方も代謝をよくすると良いと思います。
出すものを出すと元気になります!

私はデトックスも好きで、よく断食をしておりました。
断食をすると1日で1キロは痩せます。
さすがに断食は無理だという人もいるので、そういう方は別の方法でデトックスやらダイエットやらを、すれば良いと思います。

ドライ断食もやりました。
夏にガンガン動く人はキツいでしょうね。

ほとんど、ダイエット・デトックスの話になりましたね・・・けれども健康って本当に大事です!

カテゴリー: 未分類 | コメントする

最近のゲームについて思うこと

最近のゲームについて私が思うことは、携帯ゲーム機の普及によって家庭で遊べるゲームが少なくなってしまったのではないかと思います。

私がまだ小さかったころはファミリーコンピューターやスーパーファミコンなどの家庭用のゲームが流行っていたために私もスーパーファミコンを購入して、友達とよく遊んでいました。

特にスーパーファミコンは自分が一番よく遊んでいたゲームのひとつです。

スーパーファミコンのゲームには、今もシリーズ化されているスーパーマリオシリーズやドラゴンクエストシリーズなど今も根強い人気のあるシリーズ作品がたくさんあります。

そんな名作ゲームを多く輩出してきたのがいまや大企業となっている任天堂や、かつてエニックスとスクウェアという別々のゲーム会社だった現在のスクエアエニックスです。任天堂の人気キャラクターマリオは、そんなゲーム作品を代表する唯一のキャラクターだと思います。

その他にもスクウェアの人気作品は、ファイナルファンタジーシリーズでありこちらも今もなお新作のシリーズが発売されるほどの人気ゲームです。

現在では、ゲームは持ち歩きに便利な携帯タイプのゲームが主流となっていますが、私個人の意見ではゲームは友達のうちにみんなで集まってプレイするものであるべきだと思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

勧善懲悪のドラマは人気が出やすいらしい

下町ロケットというドラマが大人気です。
このドラマは勧善懲悪が背景にあります。
結局のところ、日本人は勧善懲悪が好きなのだそうです。
悪を徹底的に潰して、善人が救われるというストーリー。
見ていると現実の社会にも横行をしていることがあると思います。

例えば、自社製品の方が優れており、それを称賛してくれる人がいるけど、裏で手を回している人がおり、コンペに通ったのは他社製品だった、ということであったり、中小企業だからというそれだけで自分たちよりも下だ、という目で見る大企業であったり。
これは実際の社会にもよくあることだと思います。
本来であれば許されることではないのに、法の目を掻い潜って見つからないようにしていたり、書類の偽装工作をするなんて頻繁に行われていることだと思います。

結局、その他社製品に不備が見つかり、裏で手をまわしていたことが発覚するのでしょう。
そこから悪のほうの企業の崩壊が始まるんじゃないかな、と思います。

要するに悪いことをすると、そこからほころび始めて結局は自分たちの首を絞めることになる、ということだと思います。
やっていいことと悪いことぐらいの区別はつくようにしておくべき、という教訓もあると思います。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

白湯飲みが楽ですっかり習慣づいてしまった

もともとダイエットや冷え取りにいいということではじめた白湯飲み、朝起きた時だけからはじめて今やほぼ1日中飲んでいます。
もともとは麦茶を冷蔵庫に大量に作っておいてそれを1日の飲料水代わりにしていたのですが、歳をとると冷たい飲み物が受け付けなくなってきたんです。
朝やかんでお湯を沸かし、それをステンレスのポットで保温して半日、午後追加して半日その白湯を飲んでいる状態です。
1日2~3回お湯を沸かすだけなので楽ですし、白湯ばかり飲んでいたらなんか味のついた飲み物があまり飲みたくなくなり、白湯が一番飲みやすくなっちゃったんですよね。
身体に悪いことではないので習慣づいてもいいと思い、飽きるまで続けようと思っています。
たまに紅茶やコーヒーも飲みますけど、以前は眠気覚ましに1日何杯も飲んでいたものが、今は数日に1回1~2杯でもう十分という感じ。
さらに、ペットボトル飲料はほとんど飲みたくなくなりました。
外出時マイボトルの飲料が切れたりして、どうしても喉が渇いて我慢できなくなった極限状態の時ぐらいですね、飲む気になるのは。
一度沸騰させてカルキ抜きした白湯は、水道水より飲みやすいので余計に受け付けられるのかもしれません。
今や外出時のマイボトルの中身も白湯というほど白湯ばかり飲んでいます。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

寒い朝に思う事

我が家の暖房は、炬燵と石油ストーブで、エアコンは、孫が来たときに使うくらいです。
石油ストーブの方が、使い道が、多いのです。
朝起きると、ストーブに点火して、やかんを乗せると沸くまで、炬燵に入って、部屋が、暖まるまで、ゆったりと過ごすのです。
お湯が沸く間に餅が食べたい時は、網を乗せて、焼くのです。
いつも、やかんを乗せておくので、空気が、からからに乾くことはなく、のどと、皮膚には良いし、
湿度が上がれば、インフルエンザの予防にもなります。
おでんのようにぐつぐつと煮る鍋物にも向いていると、思います。
乗せたまま、数日間、火を通すと、味がしみ込んで、美味しくなるのです。
暖を取りながら、煮炊きが出来る、電気は使わないので、停電の時、役に立ちます。
一石数鳥の働きが出来るのに、エアコンに押されているようですが、不便な面があるのです。
臭い、脱臭の技術は、進んでいますが、着火、消化の時にわずかに出るのです。
臭いというものは、気にし出したら、気になるようです。
給油、これが一番の欠点ではないかと思います。
カートリッジのタンクに給油時に油をこぼしたら、手に付いたら臭いが、残るので、寒い所で行うのが、普通です。
購入には、配達との手もありますが、車で、販売店に行かなくてはなりません。
事故の危険があります。事故防止のフェンスもありますが、小さい子供がいる家庭では、お勧めできないですね。
春と秋に出し入れをするのですが、スペースのない我が家では、扇風機と場所の交代なのです。
いろいろと面倒な事がある石油ストーブですが、これからも使い続けていくつもりです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

思春期の時のニキビ経験

学生の頃によくニキビで悩まされていたという経験がある人はたくさんいるのではないでしょうか。
特に思春期というのはニキビができやすい時期でもあります。

僕自身も中学生の時にニキビがたくさんできていたことを覚えています。
当時はニキビを早く治したいがために、頻繁に洗顔をしたり、あぶらとり紙で顔を拭きまくったりと、あらゆる対策を試みていました。
しかし、それとは裏腹にニキビが早く治ることはありませんでした。

多少はよくなった時もありましたが、基本的にはニキビがどこかしらにあるような状態だったのです。
中学生から高校生の低学年くらいまでは、こんな感じでニキビと戦っていたように思います。
有名なところだとプロアクティブやニべアなどがあります。

僕もラミューテ口コミなどをチェックしていましが、どうしても金額的に高額に感じたので、購入にはいたりませんでした。
それでずっとニキビに悩んだまま過ごしていたのですが、高校生の後半くらいから徐々にニキビが減ってきたのです。

メルラインも気になったので調べました。

http://www.aisa-giss.org/melline/

特にコチラのサイトから勉強して情報を抜き出したのですが、購入したいと思えるものでした。
値段が高いので見送ることにしましたが。

その頃になると、もはや何をやっても無駄なんだと諦めムード全開だったので、ニキビ対策もほとんどやっていませんでした。
なので、ふと鏡を見てニキビが減ってきたのを改めて知って嬉しく感じたのを覚えています。

さらにその後もニキビが少しずつ減っていき、大人になった現在ではほぼニキビがなくなりました。
僕はこの経験から、思春期にできるニキビというのは、大人になるにつれて自然に治っていくものなんだと実感しました。
もちろん個人差はあると思います。

しかし、思春期にニキビで悩んでいる人は大人になれば治るかもしれないという可能性があるだけでも精神的には安心するのではないかと思っています。
大人ニキビには大人ニキビ予防のおすすめコスメが良いみたいですが、僕は男なので女性の人に向いているんではないかと思って試していません。

大人ニキビは顔だけではなく背中などにもできるようです。背中ニキビに効くスキンケアも多く出ていますので、もし背中にニキビができたとしても今ならすぐに治せるのではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「わたしを離さないで」を見た

「わたしを離さないで」
やっぱりこの長編を2時間程度の映画に収めるのは難しいです。
いつ、どこでも誰にでもありうるような身近な人々との感情のやりとりやエピソードを重ねつつ、この特殊な設定とテーマを浮き上がらせていたカズオ・イシグロの原作。
映画の脚本は、大胆な省略と組み替え(重要なエピソードに関わる人物や場面をたくみにすり替える)が施され、蛇足と思われるような説明的な台詞を言わせている。この説明的な台詞はちょっと勘弁してほしかった(わかりやすさを好むアメリカ人向けかな)。
主人公のキャシーを演じたキャリー・マリガンの抑えた演技はとてもよかったし、そのキャシーの少女時代を演じた子もそっくりさん(髪型のせいか?)で驚いた。
キーラ・ナイトレイのルースも、エミリー先生のシャーロット・ランプリングもはまり役でした。トミーは子ども時代を演じた子がすごくかわいかった。
寄宿学校「ヘイルシャム」、農家の「コテッジ」、クラシックなデザインで良質のウールを感じさせるカーディガンなどのコスチューム、こういったものが映像化されて、作品の世界に浸ることができる。原作で重要な意味を持つ音楽も、使い方に疑問ありだけど、そのメロディーを実際に聴くことができた。
だけど、脚本にはちょっと物足りなさが残ったな。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アニメ「Green Days 大切な日の夢」

韓国のアニメーション映画を初めて見ました。
日本のアニメでいうと、ジブリの「おもひでぽろぽろ」とか「耳をすませば」のテイストに近いかな。
でももっと日常に近くて、ふつうの高校生のありふれた日常や(本人にとっては深刻な)悩みを叙情あふれるタッチで描いていて共感が持てます。
イランは田舎の町(ある解説サイトによると、群山市がモデルだという)の高校生です。
ソウルから来た転校生スミン、同級生の男子チョルス、チョルスの叔父さんなどをめぐる物語です。
イランの大好きな映画が「ある愛の詩」で、映画のシーンそのものがアニメで再現されたりして、とても凝っています。
「ある愛の詩」が日本で公開された時期から考えて、1970年代の初めの話かと思ったが、監督のインタビューを読むと、1979年から1982年頃を想定しているそうです。
転校生のスミンが最初に歌った歌が、当時のポップスで英訳すると「Green Days」という意味のタイトルの歌です。
この歌詞が好きで、このアニメの中でも使い、タイトルにもなったらしいです。
韓国のアニメ映画ってなかなか見る機会もないし、貴重だと思います。韓国のアニメ、子ども向きのものが作られているのは知っていましたが、こういう作品が日本に紹介されるようになってほんとにありがたいです。”

カテゴリー: 未分類 | コメントする

デンデラ

浅丘ルリ子が実年齢の70歳の老婆を演じるというので話題にもなった映画です。
「楢山節考」などでも描かれてきた「姥捨て」のその先、捨てられた老女たちが生き延びているという設定にちょっと興味を持ちました。
老人を不用のものと見なすような価値観への挑戦とか、女性だけのコミューンというある種の理想郷とか、現代へのアンチテーゼが詰まったお話かな?と。
しかし、実際は、ファンタジーノベルか、ホラーの世界で、ええ~っ!!
せっかく30年間も人知れず、生き残って暮らしてきたのに、いきなり村を襲撃するだの何だの言い出して竹槍訓練とかしてるし、わけわかんね。
で、それ以前に自然の脅威(雪崩とか熊とか)の前にぼろぼろだし。
途中から、話の中心は人喰い熊との血みどろの戦いになってしまってあれ?韓国のホラー映画『人喰猪、公民館襲撃す!』を見に来ているのかな?と錯覚してしまったほど。
浅丘ルリ子はほんとに70なんです。
他の出演者もみんな老けメークだけど、浅丘ルリ子は一番若い新参者という設定のためか、なかでも若々しく感じました。
どんなに老けメークをしても、もともとが美人の女優さん(倍賞美津子とか、山本陽子とか)はきれい。草笛光子は、もっと美人だと思うのですが、怖いくらいの鬼顔の100歳婆でした。
あの深い雪の中でのロケは大変だったろうなあ(たしか、浅丘ルリ子が毎日大量の使い捨てカイロを使ったようなことを言っていた)とは感心するけれど、映画としては、何が言いたかったのかもひとつはっきりしない中途半端な出来でした。

カテゴリー: 未分類 | コメントする