デンデラ

浅丘ルリ子が実年齢の70歳の老婆を演じるというので話題にもなった映画です。
「楢山節考」などでも描かれてきた「姥捨て」のその先、捨てられた老女たちが生き延びているという設定にちょっと興味を持ちました。
老人を不用のものと見なすような価値観への挑戦とか、女性だけのコミューンというある種の理想郷とか、現代へのアンチテーゼが詰まったお話かな?と。
しかし、実際は、ファンタジーノベルか、ホラーの世界で、ええ~っ!!
せっかく30年間も人知れず、生き残って暮らしてきたのに、いきなり村を襲撃するだの何だの言い出して竹槍訓練とかしてるし、わけわかんね。
で、それ以前に自然の脅威(雪崩とか熊とか)の前にぼろぼろだし。
途中から、話の中心は人喰い熊との血みどろの戦いになってしまってあれ?韓国のホラー映画『人喰猪、公民館襲撃す!』を見に来ているのかな?と錯覚してしまったほど。
浅丘ルリ子はほんとに70なんです。
他の出演者もみんな老けメークだけど、浅丘ルリ子は一番若い新参者という設定のためか、なかでも若々しく感じました。
どんなに老けメークをしても、もともとが美人の女優さん(倍賞美津子とか、山本陽子とか)はきれい。草笛光子は、もっと美人だと思うのですが、怖いくらいの鬼顔の100歳婆でした。
あの深い雪の中でのロケは大変だったろうなあ(たしか、浅丘ルリ子が毎日大量の使い捨てカイロを使ったようなことを言っていた)とは感心するけれど、映画としては、何が言いたかったのかもひとつはっきりしない中途半端な出来でした。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>